リハーサルが始まりました!



Three Wise Monkeysのリハーサルが始まりました!

今回もリハの段階から笑い過ぎです。

ミュージカル曲から洋楽ヒッツ、懐かしのJ-popまで歌とダンスとトークと共にお届けします。

今回も新ネタたっぷりです 笑

3/26、六本木Bee Hiveでお待ちしております!

3/26(木)六本木 Bee Hive

『Three Wise Monkeys Vol.6』

OPEN18:30/START19:00

CHARGE ¥4900

■Member

高原紳輔(Vo)

小島良太(Vo)

小南竜平(Vo)

吉田純也(Vo)

■Band

奥田祐(Key)

岩根圭佑(Dr)

川相賢太郎(Gt)

土居良平(Ba)

ナイスな一週間。

水曜日は熊谷にてinouvoryのライブでした!

とても音の良いハコでいつも気持ち良く演奏できます。

実はかっぱ寿司に行ったことがなく、初体験だったんですが味はともかく電車が寿司を運んでくるシステムに感動。

そして木曜は毎年お誘いいただいている高校の卒業パーティー。

気心知れたメンバーとの演奏です。

エネルギッシュな高校生たちにこちらがたくさんのエネルギーをもらって帰りました 笑

みなさん、卒業おめでとうございます!







帰国しました!

本日無事に帰国しました!

7泊9日という日程でロンドン-リバプールを回り、夢のような日々を過ごしました。

こんなに休みを取ったのは初めてで1週間も休んでしまい関係各位にはご迷惑おかけしましたが、おかげでたっぷりの充電とたくさんのインプットができました。

明日からフルパワーで働くのでヨロシクお願いします!

まずは毎日のイギリス料理ですっかりなまってしまった身体を引き締めていきたいと思います 笑

——————–

今回、日本とイギリスの文化の違いをたくさん感じました。

まず、見ず知らずの人によく話しかけます。

エレベーターで乗り合わせた人と軽く世間話したり通りすがりの人に挨拶をしたり。

ちょっとした事なんですが、周りの人に興味を持ってコミュニケーションを取るというのは素敵な文化だと思います。

あと、良くも悪くもアバウト 笑

電車やバスは時刻表とか無くて、6〜8分おきには来ますよーと書いているだけ。

デパートで買い物をしてもラッピングとかは無くて、袋にそのまま入れるだけ。

袋も言わないともらえなかったりします。

だからと言って不快な思いをする事は無くて、逆に日本は過剰サービスなのかもなぁとも思います。

物価は日本より結構高いです。

1ポンドが180〜190円なのですが、大体向こうの値段の付け方が、1ポンド100円ぐらいの感覚なのでパブで5ポンドのビールを飲んでも日本円で1000円ぐらいになります。

食事とお酒で平気で5000円とか越えてしまうので、要注意です。

イギリスの料理はイマイチとかよく言われますが、そんな事なくて美味しかったです!

でも、味付けが濃くて塩が強いのでちょっと飽きます 笑

日本食の幅の広さを再認識です。

——————-

ロンドンと言っても、観光客はみんなスマホで自撮りしてるし、地下鉄で酔っ払ってマックのポテトをぶち撒けるOLもいるし、東京と変わらないところも多々あります 笑

人も多くて、とても都会で洗練された街なんですが、古き良き建物が並んでミュージカルや絵画、音楽などの芸術、サッカーやテニスなどのスポーツが文化として根付いてる素敵な街で、すっかりロンドンかぶれになって帰ってきました 笑

現実から戻れず社会復帰に時間がかかりそうですが、また明日からガンバっていきたいと思います!





ロンドン満喫してます!

ロンドン生活も7日目になりました。

イギリスは雨が多くて寒いイメージだったんですが、ほとんど快晴で寒さも大した事なく、とても過ごしやすいです。

心配だった英語もイギリス人の英語は聞き取りやすくて言ってる事は何となく分かるので、あとは中2レベルの英語と熱いハートで返しながら、特に言葉で困る事なく過ごせています。(スーパーのおばちゃんと世間話をできるほどにはなりました!)

ロンドンの建物は築100年とか普通らしく、古き良きレンガ造り、石造りの建物ばかりでどこを切り取っても絵葉書のように綺麗な風景です。

たくさんある美術館はほとんど無料で、ゴッホ、レンブラント、ルノワール、モネの時代からピカソ、ダリの現代美術まで気軽に堪能できます。

今回のメインの一つ、ミュージカルも街のいたるところに広告が貼っています。

『マチルダ』、『ビリーエリオット』を鑑賞をしたんですが、みんなビールやワインを飲みつつ、ラフな感じで観劇しています。

美術館も劇場も子供連れが多くて、ロンドンは娯楽の文化として芸術が根付いていますね。

もちろん、忘れちゃいけないビートルズ巡り。
アビーロードは車通りの多い通りで信号も無いので、世界中の観光客がクラクションを鳴らされながらも、協力してあの写真を撮っていました。

もちろん、アビーロードスタジオ、ルーフトップライブが行われたアップルビルにも!(残念ながらアップルビルはアパレルブランドショップになってましたが 笑)

事細かく書いていくと、大変な事になってしまうので今日はこの辺で。

そして昨日リバプールへ移動して今日はついに念願のリバプール×バーンリー戦の観戦です!