本日は八王子です!

今日は八王子ぐるままにていろちがいのライブです!

ドラムの武井くん、お休み前の最後のライブになります。
今日は思う存分叩いてもらって、しっかり身体のメンテナンスをして帰ってきてもらうとします。

ちなみに僕は最近ジムに通いだしたので、いままで以上に筋トレに励んで肉体改造したいと思います。

たっぷりワンマンでお届けするので、ぜひ足を運んでください!

9月27(日)
八王子グルービングママゴン
“たのしいことしナイト”
OPEN18:30/START19:00
Charge 1,000円(+2ドリンク)

10433060_905104639584116_3166007937274329672_n

シルバーウィークということで

シルバーウィークど真ん中であんなに天気も良かったのに、今日は一日家で制作作業です。

ところで先日久しぶりに観て気づいたんですが、『Back to the Future』でJohnny B. Goodeを演奏する名シーン。

マーティーは『キーBのブルースで。』と言っておきながら、ノリノリでB♭キーで弾き始めています 笑

聴いたことないはずなのにちゃんと付いてきてるので、バンドメンバーは優秀なんだなと変な所で感心していたそんな本日です。

 

横浜でした!

昨日は横浜にてi nou voryのライブでした。中華街には行けなかったものの、ナイスな景色を堪能。

写真では全然伝わりませんが。。

やっぱり横浜は良い街です。
そして本日は明後日に控えたmanumitワンマンライブのリハからの、音源の提出を一つ終えて、今から念願のted2を観に行ってきます!
   
 

ミッション・インポッシブル/ローグ・ネイションが素晴らしかったので語ろうと思います。

先週の話になるのですが、『ミッション・インポッシブル/ローグ・ネイション』を観に行ってきました。

前回あれだけtedについてアツく語ったのでted2を観に行くつもりだったんですが、ちょうど良い時間に吹き替え版しかやってなかったのでこちらに急遽変更。

何の前情報もなく観に行ったんですが、これまでのシリーズの中でダントツで面白かったです。

ちなみにスタントを使わない事で有名なトム・クルーズ。

今回CMなどで見かける、飛んでる飛行機に捕まるシーンはCGでも何でもなく本当に捕まってるそうです。

 

普通の人間なら35回ぐらいは敵に殺されていると思いますが、今作でもさすがの超人ぶりを発揮しています。

 

そんなトムのノースタントのアクションはもちろんなんですが、ミッション・インポッシブルシリーズの魅力はスパイアクションとしての話の緻密さ。

何も考えずに敵をドカーン!バーン!とやっつけるのではなく(そちらはマッドマックス担当で 笑)、ミッションを遂行するための作戦の面白さ、トム演じるイーサンを中心にブラント、ベンジー、ルーサーという個性あふれるキャラで構成されるチームでミッションに挑むワクワク感、そして裏切りや大どんでん返しというストーリーの意外性が魅力です。(大体計画通りにいかず結局トムが力でねじ伏せてるとか、そういうツッコミは無しで 笑)

今回のローグ・ネイションは話の完成度がとても高くて観終わった後に、『おみごと!』と拍手したくなる一本でした。

それもそのはずで、後で調べてみると今回の監督のクリストファー・マッカリー。

実は勉強不足で名前を知らなかったんですが、調べてみるとなんとあの『ユージュアル・サスペクツ』の脚本家!

これでローグ・ネイションの面白さも納得です。

『ユージュアル・サスペクツ』は僕が個人的に今まで観た面白かった映画ランキングベスト5には間違いなく入る映画なんです。

ネタバレさせずに話の内容を説明するなんて、とてもインポッシブルなミッションなんですが、とりあえずこちらをどうぞ。

もう20年も前の映画ですが、『大どんでん返し』の代名詞とも言えるいまだに根強い人気を誇る一本で、サスペンス好きにはぜひとも観て欲しいです。

若かりしケビン・スペイシーも出ています。

__________________________________________________________

ご存知の方も多いと思いますが、『ミッション・インポッシブル』シリーズは60年代から70年代に放送されていたドラマ『スパイ大作戦』のリメイクで、僕も再放送でよく観ていました。

トムの映画版も第一作が公開されてからもう20年ですが、ドラマ版のお約束もきちんと受け継がれています。

この導火線に火がつくオープニングや。

ミッションを伝える時の消滅するテープ。

『例によって君もしくは君のメンバーが捕らえられ、或いは殺され­ても当局は一切関知しない。尚このテープは自動的(5秒後)に消滅する。』のセリフ。

ちなみに今回のローグ・ネイションはレコードプレイヤーでした。

前作のロシアの公衆電話でミッションを伝えた後に、自動的に消滅しない公衆電話ネタがお気に入りです。(ロシア製はポンコツだそう 笑)

あとはフェイスマスクの変装も、『スパイ大作戦』からの伝統です。

53歳というトムの年齢にもビックリなんですが、70歳ぐらいまではこの役をこなすというインポッシブルなミッションに挑戦してもらって伝統芸能の域に達して欲しいなと思います。

そんな『ミッション・インポッシブル/ローグネイション』ですが、そろそろ終わりそうな感じも漂っているのでぜひとも劇場で観て欲しい一本です。

____________________________________________________________

全然音楽に絡めた話をしてなかったので、最後にミッション・インポッシブル2でこのテーマ曲をカッコ良くハードコアに仕上げたLimp bizkitの『take a look around』をどうぞ。

ちゃんと公衆電話でミッションを伝えています 笑

オマケに今回ローグ・ネイションでCIA長官を演じたアレック・ボールドウィンがゲイのライブハウスのオーナー役(笑)でトム・クルーズと競演した『Rock of Ages』から『Don’t Stop Believin’』です。

 

 

いろちがいのライブでした!

先日のいろちがいのライブ、たくさんの方にお越しいただき本当にありがとうございました!
久しぶりの再会もあったりで、ナイスな一日でした。
この日のライブと9/27のぐるままのライブで4人でのライブは少しの間お休みになりますが、武井くんにはしっかりと身体を治してもらってまたすぐに復活してもらえたらと思います。
まぁ、そんな1年とか休むわけじゃないし、その間3人でライブはしますし制作もするので、何だかんだお待たせはさせないと思います。
坂田くんはドラムボーカルやる気満々だったので、僕はピアノ弾き語りでもできるようにしとこうかなと思ってます 笑

田尻くんはギター弾き語りで。

 

また逐一お知らせするので、これからもどうぞよろしくお願いします!