リハーサル始まりました。

菅野恵さんワンマンライブのリハーサルが始まりました。お馴染みのナイスなメンバーで今から楽しみです!
ちなみにこの日、おニューのブーツをウキウキしながら履いていったら見事に靴擦れができて、痛みをこらえながらリハしてました。
本番までに靴擦れ直しておきます。
菅野恵 5thミニアルバム「Hello to U」リリースツアーファイナル

10/9(日)下北沢440

開演19:00/前売2500円(+1ドリンク)

バンド:Key清野雄翔、Gt平田崇、Ba土居良平、Dr越智祐介

タクシードライバー

『タクシードライバー』の極上音響上映に行ってきました。
この映画を初めて観たのはたぶん18,9歳の頃だったと思います。

主役のロバートデニーロに全然共感できないし物凄くモヤモヤする映画なんですけど、当時はタクシードライバーとかマニアックでスタイリッシュな映画観てる自分カッコいいと思ってたので、映画通ぶって『タクシードライバーめっちゃ面白いっすよ』と周りにドヤ顔で言ってました。

本当はインディジョーンズとか大好きなのに、一生懸命背伸びして尖ってた時代です。

背伸びと言えば、初めて友達と行ったスタバで何を頼んでいいか分からず、とりあえず聞いた事ある名前だからとエスプレッソを注文してしまい、あまりに小さなコーヒーカップに『思ってたのと違う…。』とスタバの洗礼を受けた事を思い出します。

友達に間違って頼んだとか口が裂けても言えないので、これが美味いんだよねとか言いながら苦味をこらえつつチビチビと濃厚なエスプレッソを飲んでました。(実話)

初めてのスタバはとても苦い思い出です。

エスプレッソだけに。

さっきから映画を全然褒めてないんですけど、狂気じみたロバートデニーロのぶっ飛んだ演技はすんごいです。

若かりしジョディーフォスターも出ています。

自分も大人になって1人でスタバも注文できるようになったし、今回大人の立場で改めてタクシードライバーを観たんですが、結局やっぱりモヤモヤしました。

僕にとってのタクシードライバーは、初めてのスタバのような背伸びムービーです。

スタバはモヤモヤせずに普通に美味しいです。

そんな感じで本日はいろちがいのライブです。

みんなのスタバ失敗話を聞かせてください。(何のこっちゃ)

9.22(木)at八王子ぐるまま

“たのしいことしナイト”

いろちがい / turu

OPEN18:30/START19:00

Charge 1,000円(+2ドリンク)

スポナビライブ

ヘンダーソンのスーパーゴール!リバプールのレジェンド、ジェラードの後任という重すぎる期待を背負って色々言われてきましたが、やればできる男なんです!
ユニフォーム買って良かった 泣
今シーズンからスポナビライブに加入したんですが、プレミアリーグ、リーガエスパニョーラ、プロ野球などなど、ソフトバンクユーザーは月額500円で全試合観られます。(ソフトバンク以外は3000円だそうです。)
PC版がないので、ウチはamazon fireTVを使ってタブレットや携帯から自宅のTVにミラーリングしています。
サッカーはリバプール、野球は千葉ロッテと快適なスポーツ観戦ライフを過ごしています 笑
サッカー、野球好きの方にはおすすめです!

これから新潟です

ウチの愛車のシエンタくん、どうやら延長保証対象車だったらしく、この数日修理に出ておりました。
修理に出てる間に代車で来たのが、トヨタのアクア。

こんな人気車貸してもらって本当にありがとうございます。
初めてのハイブリッド車の静かさにビックリです。
でもシエンタのシフトレバーは前面にあるので、アクアだとしょっちゅう左手を空振りします。

パーキングブレーキはフットタイプなので、しょっちゅう左足を空振りします。
ようやく慣れて来たと思ったら、修理完了のお知らせ。。
アクアくん、短い間だったけどありがとう!
155000km乗っていたシエンタくんは普段から自分でマメにメンテナンスをしていたんですが、ここに来てエンジンをオーバーホールしてもらうという何という若返り手術。
9回裏に満塁ホームラン出たみたいなもんですね(違うか)

これでもう20万キロ行けちゃいそうです。
さて、これから新潟に向けて出発です。
新しいエンジンでぶっ飛ばすぜ!(法定速度内で)

審判員の憂鬱。

今日の日本×タイを観戦する方も多いと思いますが、その前に先日のUAE戦で話題になったサッカーのジャッジに関して豆知識です。

他のスポーツでは当たり前になっているチャレンジシステムやビデオ判定が、サッカーでは未だ導入されていない理由をまとめてみました。

試合前やハーフタイムに楽しんでもらえれば何よりです。

——————–

まずはゴール判定について。

シュートがゴールラインを割ってるか割ってないかの判定は基本的に副審(ラインズマン)が行います。
ゴールの場合は旗を上げて主審に判定を知らせるのですが、タッチライン(サイドライン)に立っている副審では際どいゴールは見逃されてしまう事もしばしば。
ボールが地面に付いたならまだしも、今回の浅野選手のシュートのように宙に浮いてるボールだととても判断が難しいです。

もちろんゴールには入ってましたが、審判からは見えづらいだろうなと思います。

最近のケースだと、2010年南アフリカW杯のドイツ×イングランド。

イングランドのランパードが放ったシュートがクロスバーに当たりゴールラインを割ったものの、ノーゴールの判定。
『世紀の大誤審』と世の中を賑わせます。

そこで、2014年のブラジルW杯から導入されているのが、ゴールラインテクノロジーという機会判定のシステムです。
英国の企業が開発した『ホークアイ』、デンマークとドイツの企業が開発した『ゴールレフ』という2つのシステムが採用されています。
テニスではすでに採用されているので、テニス好きの方にはおなじみだと思います。

ゴールラインテクノロジーの画面↓

複数のカメラでゴールを撮影して、ゴール判定を主審の腕時計に伝えるこのシステム。

導入するのにかかるお金が1600万円程度との事。。

W杯予選の全てのスタジアムに導入するとなると、なかなか難しいのが現実です。
現在はW杯本大会やクラブW杯といった大きな大会でしか採用されていません。
(ちなみにホークアイを開発した英国の企業はソニーの傘下だそうです。)

——————————
そこで、主審、副審(ラインズマン)の他にゴール横にゴール判定をする副審を追加する事で対応しています。

現在セリエAではすでに採用済みで、J3でも試験的に採用されています。

UAE戦後の本田選手が『なぜ副審がいないのか分からない』と答えてましたが、イタリアでは正式に導入されているので、疑問に思ったのかもしれないですね。
しかし、これも国際試合を裁けるライセンスを持った審判員がたくさん居るわけではないので、人員の確保など課題が多くてなかなか全ての試合に対応できないのが現状らしいです。
————————–

最後にチャレンジシステムですが、すでにFIFAでは検討されています。
しかし、サッカーは野球やテニスと違ってプレーの切れ目がないのでチャレンジを取るタイミングや方法、チャレンジ後の再会方法などまだルール整備に時間がかかりそうです。
対象にする反則もどこまでにするのか決めなきゃキリがないですしね。

—————————-

サッカー界が遅れてるとか利権の問題が絡んでるとか色々ネット上では言われてますが、サッカー界が何もしてない訳じゃないですし、ゴールラインテクノロジーもすでに2社に決まっているので、利権どうのは関係ありません。

ただ、こうして議論が巻き起こる事でゴールラインテクノロジーの導入や、チャレンジシステムの整備が早まったり、お世辞にも高いと言えないアジアの審判のレベルが向上してくれると良いですね!
—————————–

サッカーの審判員で、プロとして活躍している人は日本人でたったの14人。
海外でもほとんどの審判員が、教師や銀行員など副業として活動してる方がほとんどです。
厳しい筆記試験や体力テスト(調べると、150m走を30秒以内、50m歩を35秒以内のセットを×20セット!)を乗り越えた審判員。 
トップアスリートのスピードに追いつきながら、正当なジャッジを下さなければいけない審判員。
一度誤審をすると国中から叩かれ、文句は言われど褒められ事の少ない審判員。
自分がもし審判員になったとしたら、プレッシャーに押し潰されそうです。。
こうして審判に注目してサッカーを見ると気軽に文句も言えなくなりそうですね 笑